時間や場所は自分自身の意志で

フリーランスのITプログラマとして働くことに関して魅力的だと感じることは「自分の信念や価値観を曲げずに自分自身の意思で働く時間や場所を決められる」ということでしょう。システム会社と雇用契約をを結んで働くサラリーマンの場合は働く場所や時間が決まっていることが多いため、この魅力は特に大きいのではないでしょうか。サラリーマンであっても、子育てを中心に据えたいときや、ある程度大きくなった子供と一緒に過ごす時間を得たいときに、働き方を通常の勤務からリモートワークに切り替えることは一部の企業でも可能になってきています。とはいえ、今はまだ当たり前として広まっているわけではないため、理解を得てない会社や上司も存在します。

その点、フリーランスの場合は、基本的には依頼された仕事の成果物をきちんと提出して顧客との信頼関係を構築できていれば、働いている場所や時間に関しては文句を言われることは殆どありません。そのため、極端な話として旅行が好きだから、旅をしながら辿り着いた先々で仕事をする、ということも会社員としては実現することは限りなく不可能ですが、フリーなプログラマであれば、営業活動をしっかりと行って顧客との信頼関係を築いていれば十分に可能でしょう。

さらに、「仕事でしっかり稼いだので、しばらくは旅行などをしてのんびり過ごしたい」と思いついたら、後半年ぐらいは一切仕事をしないで過ごすこともできます。このように、働き方や生き方に対して多くのことを実現できるのがフリーランスの大きな魅力でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です